コラム 映画ライフ(映画の与太話)

”R15+”や”PG12”などのレイティングシステムの定義について

現在、映画を放映する上でレイティングシステムというものが定められています。
レイティングシステムとは、映画を作成する製作側の意図とではなく、映画倫理機構が審査を行い決定される年齢制限のことです。
CINEMA-LIFEでは、映画の詳細を掲載する際に、このレイティングシステムを掲示しています。

レイティングシステムの区分

現在、日本で放送・放映されている映画は G・PG12・R15+・R18+ の4種類と審査適応区分外に分けられています。
G以外は視聴できる年齢に制限がありますので、お子様と視聴される際はお気を付けください。
審査適応区分外については自己の判断によりますが、視聴の際は年齢に関わらずお気を付けください。

G

ロゴ

どの年齢層でも見ていただける映画につけられる緑色のマークです。
R指定が入っていない映画の紹介では敢えて紹介されないので知らない方も多いかと思います。

PG12

ロゴ
12歳未満の子供について、保護者の付き添いがなければ見られない映画に付けられる青色のマークです。
定義的には12歳未満ですので、12歳になっていればセーフです。
麻薬や性行為、暴力などの描写や、飲酒やタバコを吸う映像が使われている映画、残酷性の強い映画の場合、小学生が真似をするかもしれないという理由でPG12指定になる映画もあります。
日本で有名な「仮面ライダー」シリーズでは、「仮面ライダーTHE NEXT」がPG12指定になっていますが、海外ではR15+もしくはR18指定となっています。
日本の文化に根差していて子供にも人気がある映画だと、このように緩和される場合もあるのかもしれませんね。
ちなみに、映画「バイオハザード」は日本ではPG12作品ですが、アメリカではR(17歳未満保護者同伴)韓国・台湾では18歳未満視聴禁止となっています。

R15+

ロゴ

15歳未満の視聴が全面禁止されているピンク色のマークです。
15歳に満たない(14歳まで)子供は一切の視聴を禁止するもので、保護者の同伴があってもみとめられません。
暴力や性的描写に加え、いじめや放送禁止用語などが多様されている映画に付けられるもので、PG12は保護者がいれば見られるのに対して、R15+は保護者がいても”視聴禁止”です。
ですので、地上波で放送する場合、R15+指定のある映画は、該当する描写を削って放送することがありますが、現在のところ、その数はあまりありません。
「IT/イット”それ”が見えたら、終わり」や「テッド」が地上波で放送されたのは記憶に新しいかもしれませんが、初めて地上波で放送されたR15+指定の映画は「ハンニバル」となっています。

R18+

ロゴ

赤いマークで18歳未満の視聴を全面禁止するレイティングとなっています。
”18歳未満”ですので、18歳はセーフです。
いわゆる成人映画や、著しい性的描写や暴力、そして反社会勢力の行動や薬物の使用を賛美するような内容の映画に付けられます。
日本では官能小説を原作とした壇蜜主演の「私の奴隷になりなさい」は、通常版はR15+指定でしたが、ディレクターズカット版はR18+指定となりました。
R18+指定がつくと映画館側としても放映しにくい映画となり、地上波での放送はほぼ不可能です。
指定を受けた作品はあまり多くはありませんが、フランス映画に特に多く、アメリカの映画ではレオナルド・ディカプリオ主演の映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が有名です。

審査適応区分外

R18+よりも過激な描写の多い映は審査適応区分外とされ、映画館での放映も映倫によって禁止されています。
アダルトビデオや残虐性が非常に強いもの、児童ポルノなどが対象となっています。
日本の作品では岩井志麻子の「インプリント~ぼっけぇ、きょうてぇ~」が有名です。

タイトルとURLをコピーしました